結婚相談所は自分の価値を教えてくれる場所だった

結婚相談所 札幌

札幌にはたくさんの人がいるはずなのに、なぜ異性との出会いがないのかと不思議に思ってしまうほどです。

通勤列車の中は人でごった返しているし、街を歩けば人とぶつからないように歩くのが大変だと思うほどだというのに、なぜ恋人が出来ないのか、なぜ結婚できないのかと哀しくなっていました。

そんな風に孤独を感じていても結婚相手が見つかるわけではありませんので、結婚相談所に頼れば素敵な出会いがあるだろうと思うようになったのです。

自分の理想の相手と出会うことが出来るシステムなんで夢のようです。

結婚相談所を利用せずに普通に生活をしていても、理想の相手に出会える確率なんて限りなく少ないものです。

それを簡単に見つけられるなんで最高です。

結婚相談所を利用してみると、現実が突き付けられました。

理想の相手を見つけても自分にはハードルが高すぎたのです。

まずハードルに引っかかってしまうのが年齢です。

30代を少し過ぎたくらいであればまだまだ大丈夫と思っていましたが、それでも現実は厳しいものです。

30間近の29歳の人でも、20代は20代ですので、印象がかなり違うようです。

30を少し過ぎても30代、29歳でギリギリでも20代とほんの少ししか年齢が違わないのに大きな差になります。

その時点でハードルが大きく上がることになりますので、自分の理想通りの人の条件にはなかなか自分が当てはまらないということがわかりました。

そうなると自分の価値を教えられた気がしてつらいものがありましたが、ここでも現実と向き合わなくてはなりません。

自分を求めていない人とはうまくいくはずもありませんので、自分を求めてくれる人と出会いたいと考えるようになりました。

そこからは贅沢は言いません。

贅沢は言わないからこれだけは嫌だという条件を避けて選ぶようにすると、たくさんの相手の出会いがありました。

結婚相談所を利用して感じるのは、自分の価値を知ることで結婚へ向けて歩んでいけるということです。